Always MOVING TimeS

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007.04〜のアニメ(主要なもののみ)感想1

<<   作成日時 : 2007/04/04 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とりあえず、今まで見たのは「グレンラガン」、「ハヤテのごとく」、「ヒロイック・エイジ」、「瀬戸の花嫁」、「エル・カザド」です。とりあえず、これらの作品についてアウト・プットしたいと思います。もちろんネタばれは無いよう気をつけますし、独り言です。

「グレンラガン」……ドリルのお話。GAINAXでしたっけ? まあ、日曜の朝だし。でもその割にはレベル高し。ただ、もう少し演出のやり方もあったのではと思わなくもなし。でも良い感じで、これからも見たい。というか、朝っぱらから、ちょっとHぃよね。そこが良い。もう少し子供だったら家族と一緒には見れない作品。今は朝起きれないので大丈夫。

「ハヤテのごとく」……執事はつらいよ。という話。声優陣に頼ってしまって、画を動かしてない印象。本を読みながらちら見するのであれば別に良い。がっつり見たいとは思わない。とりあえずビデオには録画しない方向で。でも見たい。

「ヒロイック・エイジ」……SFチックで、金玉……違った、金の人の話。流石沖方さん。(←さすがという人ではない)ストーリーの軸はしっかりしている。でも、これもやはり演出面でもう少し見せ方があったような気も。でも大方で不満はない。でも、クライマックスはともかくとして、前半部分に印象が薄い。ただ、堅実な雰囲気はあるので、今後も見よう、と思う。思っているのと見ている人は別人。

「瀬戸の花嫁」……溺れて、人魚と極道という話。コミックは知らずに見たのですが、このハイテンションさは何? 最初はこれはだめかな、と思いましたが、なかなかどうして、びっくりしました。面白い。純粋に思いました。毎週見たいです。画も充分上手い活用しているし、気持ち良い。山崎バニラさんも良い感じ。楽しみな一品。ええ、バニラさんが。

「エル・カザド」……銃と少女の話。えと、何とかかんとか三部作。のうちの三作目、何でしたっけ。その辺が良く分からないんですが、内容も判断が難しい感じです。印象的には面白いような、なんでもないような。ちょっと良く分からない。これから分かるかも。保留。ただ、良さそうな可能性は秘めている。ああいう静けさが嫌いでは無いからかもしれない。弱点を突く作品だ。良質な隙間産業といえる。いえない。やはり、ツンデレの次は天然系だ。間違いない。

1弾はこんな感じ。
戦闘ものが多いね。前からこんなだったっけ? なんか、スパロボでも狙ってるのかな? 今期はバラエティに富んでいてとても楽しい。昔はもっと偏っていた。面白い、と思える自分もまた面白い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007.04〜のアニメ(主要なもののみ)感想1 Always MOVING TimeS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる