Always MOVING TimeS

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒澤明監督作品「椿三十郎」とガンダムOO「第一話」鑑賞の感想

<<   作成日時 : 2007/10/07 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初黒沢作品。
さいっこうでした。

格好いい! 三船敏郎やばいっす。
あんな力強い映像を作り出せるなんて、すごすぎです。
惚れました。椿三十郎。最後二十分間にやられました。

ガンダムは正直、期待はずれでした。
あんなものなら誰でも作れますよ。言いすぎ? そうかなあ。
演出、脚本。なんかいまいちで、科白回しも、狙いすぎていて格好悪いし、戦闘の見せ方がへぼいと私は感じました。オープニングの主題歌が流れるまではとてもよかったのですがね。
黒田洋介、水島精二。こんなものか。こんなものなのか?
と、思わず言いたくなる内容だったと思います。

それは、黒澤の後に見たからでしょうかね。
次は黒澤の何、見ようかな。
あ、椿三十郎はもともと織田裕二さんの映画を見たくて、ちょっと予習した感じです。
あっちも、少し楽しみ。

そういえば、映画館で言ってましたね、「少林少女」がGWに公開。
少林サッカーのチームと踊るのスタッフが融合。主演は柴崎コウさん。超、楽しみ。
ああ、映画っていいなあ。
でも、DVDの方が、もっといいかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒澤明監督作品「椿三十郎」とガンダムOO「第一話」鑑賞の感想 Always MOVING TimeS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる