Always MOVING TimeS

アクセスカウンタ

zoom RSS ルパン三世VS名探偵コナン 面白かったぁ。

<<   作成日時 : 2009/03/28 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

すごい面白かったです。
今までルパン三世のSP番組はほとんど面白くないものだったのに、今日のは、なかなかどうして、ぐいぐい最後まで引っ張ってくれました。
脚本、演出、演技。すべてがプロ級の技でした。良いものを観させていただきました。ありがとうございます。
日本テレビさん、読売テレビさん、ありがとう。

まあ、重箱の隅をつつくようだけれど、一つ難を言えば、ルパンのアクションシーンがなかったこと、かな。
でも、全然気にならないし、それに皆格好良かった。僕もああなりたい。
本当に心のそこから、そう思いました。子供の頃見た、わくわくするアニメ、そんな感じで、すっごい楽しみました。ああ、楽しかったなあ。いくら感謝を言っても足りないくらい。

最後の格闘シーンで、ルパンと不二子ととっつぁんが戦っているバックの音楽がコナンの曲だったのは感動的でした。
それの少し前の、神谷さんのルパンチックな小五郎の演技は正に神。
あれ、やばいでしょ。←良い意味で使っています。
まずいって。←以下同文。
あの演技、神谷さん今いくつだって話です。今の若い声優さんたちに見習ってほしいと思うよりも前に、自分が勉強させていただきました。感謝。
全般的にコナンの格好良さが目立つ感じでしたが、チームトータルの力量で言えばルパン側のほうがバランスが取れているのだなあ、と改めて思いました。それに、格好良い部分、その質、またはプロセスにも違いがあるのですね。例えば、ルパンは派手に暴れまわってから最後に心にしみる、というような流れに対し、コナンは、捜査は地味に、推理は派手に、時には立ち回りもするし。というように、展開が真逆です。だから、コナンベースなので推理は最後にすることから、アクションは前半になり、その部分が、不二子の一連のバイクシーンだったのかと。いや、あれは格好良かった。久しぶりに惚れた。あのバイク欲しい! でも、そのせいでルパンが目立たない……。というか、コナンのソムリエを見つけた後の、姫に忠告するあのシーンの格好良さ。あれ、やばい。ぞくって、しました。小五郎さんも何気に見せ場があるし。

これ以上は長くなるのでやめます。
良い作品でした。あぁ、エネルギー。エネルギー。

しかし、モンキー・パンチさんて、まだ生きていたんだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルパン三世VS名探偵コナン 面白かったぁ。 Always MOVING TimeS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる